« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

<36.合否通知>

合否の通知がきました。

総合判定は「B」。

「AABA」でした。

意外な結果でした。

極度の緊張でバランスを崩したと思っていた事例1が 「A」

時間がなくあせって書いた事例2が 「A」

一番出来ていたと思っていた事例3が 「B」

超~難しかった事例4がなんと 「A」

もしかして、「合格まであと一歩だった?」

さらに悔しい思いが込み上げてきました。

ただ、それなりに力はついていたのかもしれません。

そして、自分自身が事例に取り組む姿勢は、

間違っていなかったようです。

これからの1年さらに精進して、

2次試験に臨む気持ちを強くしました。

つづく

Leo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<35.合否結果>

発表の12/5は、仕事が忙しく、

日中は会社のPCで

診断協会のHPを見る余裕もなく、

深夜残業に至り、

結局、家に帰りついたのは午前2時を回っていました。

早速、家のPCで確認しました。

残念ながら、自分の番号は、ありませんでした。

体の力が抜けると共に、

むちゃくちゃ悔しい思いが込み上げてきました。

今まで応援してくれた家族には、

残念な結果を報告しました。

そして、「来年こそは合格するから!」と宣言しました。

この1年、仕事は超繁忙で、

来年も各種プロジェクトが目白押しですが、

それでも来年こそ、

絶対合格したいという思いで一杯になりました。

つづく

Leo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »